薬剤師として転職する理由

スーパーの薬局では患者さんに寄り添ったアドバイスをおこなうことができる

転職をお考えの薬剤師の方へ | 失敗したくない!薬剤師の転職 | よりよい職場への転職をお考えの薬剤師さん。キャリアアップも含め悩みや不安を解消し安心して転職できるよう、薬剤師の転職事情などお話していきます。

最近になって一般医薬品についてはスーパーの薬局やコンビニでも扱えるようになった背景もあり転職することも昔ほど難しい環境ではなくなりました。
それらのスーパーの薬局やコンビニで薬を扱うためには登録販売者等の資格者がいることが条件になり、コンビニやスーパーの店舗数で考えれば調剤薬局以上に各地に点在しています。
またそれらの店舗はその地域の人に密着した位置関係にあります。
そのためその地域に根付いた仕事が可能になります。
また薬剤師であれば第一分類の市販薬まで販売することが可能になり、多くのスーパー等では薬剤師確保のために動いていたりと、転職しやすい環境にあります。
調剤薬局とは違い、スーパーやコンビニで働くと、来店するお客様はいつも同じ、見覚えのある人が多く、そのために個々の状況が把握できます。
そのような薬店で働いていると、お客様の方からしても、あろスーパーの薬局で働いている人ということで自分の顔を覚えてくれて、薬の話のみならず世間話までおこなうようになることもあります。
このような薬店では調剤薬局では経験できなかったようなひとりひとりのお客様、患者さんに寄り添ったアドバイスをおこなうことができます。

もっと患者さんの立場で仕事をしたいスーパーの薬局では患者さんに寄り添ったアドバイスをおこなうことができる充実した日々を送ることができています