薬剤師として転職する理由

もっと患者さんの立場で仕事をしたい

もっと患者さんの立場で仕事をしたいスーパーの薬局では患者さんに寄り添ったアドバイスをおこなうことができる充実した日々を送ることができています

薬剤師というと薬局で薬を患者さんにお渡しすることがメインの仕事と思っている人が多いです。
最近ではそれぞれの病院で薬を渡すのではなく、病院の付近に設置されている専門の調剤薬局にいて、病院の医師からの処方箋を持ってきた患者さんに薬を調合することが主な業務になっています。
毎日近くの病院をメインとしていろいろな病院からの処方箋を持った患者さんが来店しますが、十分な対応ができていないというのが本音です。
大きな病院の近くの調剤薬局であれば多くの薬局が乱立して、患者さんの取り合いになることも珍しくないのです。
多ければ多いほど、患者さんをさばくというイメージでひとりひとりの顔を思い浮かべることもままならないのが本当のところです。
だからといって患者さんごとに担当を決めて対応することも患者さんが多過ぎて難しく、その場限りの患者さんになることがほとんとです。
患者さんの立場に立って、少しでも前後関係がわかるようにと最近ではお薬手帳を使って、以前に処方された薬の履歴を確認していますが、処方した薬を渡す時にはどうしても機械的になってしまうのです。
他の調剤薬局との差別化を図るために薬を手渡す際に患者さんに薬の説明をするもルーチン作業になりがちで、逆に患者さんから「いつも同じ薬をもらっているのだから、その都度詳しい薬の説明は必要ない。
」と言われることもあり、患者さんのひとりひとりの背景を考慮した対応ができているとは言えない状況にあります。
薬剤師はこのような機械的な仕事をするのではない、もっと患者さんの立場で仕事をしたいという理由で調剤薬局から転職する薬剤師も最近では多くなっています。