薬剤師として転職する理由

充実した日々を送ることができています

薬局や薬店に来る人の多くは病気で心も体も弱っています。
そのような人に寄り添って一緒に治していくことが薬剤師のひとつの大きな業務と考えています。
薬の処方や提供を通じて、何かその人には必要なのかを考えるのは勿論、日頃からその人と会話をすることでひとりひとりの生活スタイルを把握して、その人に一番適したものを提供することが仕事だと考えています。
そのようなことを継続することで、その地域に住む人達にとって必要とされる存在であることが実感できて、地域住民のために貢献していることが実感できるために仕事に対するやりがいを感じます。
まさにひとりひとりにあったサービスの提供ができることがやりがいに大変さはありますが充実した日々を送ることができています。

もっと患者さんの立場で仕事をしたいスーパーの薬局では患者さんに寄り添ったアドバイスをおこなうことができる充実した日々を送ることができています